おすすめ万年筆 【パイロット プレラ 色逢い】

 どうも、井神です。

 突然ですが万年筆を使い始めました。

 

万年筆を使いだした理由

 わけあって家で仕事をするようになりました。

 当たり前ですが、ちょっとしたメモや手帳なども、自宅の机の上で行います。

 それまでは外でメモ帳にボールペンで書いていたのですが、書くのに恵まれた机の環境だと、ちょっと贅沢をしたくなりました。

 どうせ移動しないのです。

 持ち歩きを考えないでいいのなら、素敵な書きごこちを味わえる万年筆まんねんひつをまた使いたいと思ったのが理由です。

 

パイロット プレラ ~色逢いろあい~

 自宅で作業するのでほとんどがPCでの作業になります。

 ですが、ちょっとしたメモを取るには紙とペンのほうが、まだまだ早いです。

 インクさえあればずーっと使える万年筆はいい相棒になってくれるはずです。

 ゴソゴソと押入れの奥に眠っていた、万年筆を引っ張り出してきました。

 

パイロットの万年筆とインク

 

 この プレラ はカジュアルに使える万年筆としてパイロットから販売されています。

 今使っているこのプレラ 色逢いシリーズはは2010年ごろ発売された製品です。

 

プレラ | 製品情報 | PILOT
誰でも気軽に使えるスマートでシンプルな万年筆
プレラ 色彩逢い iro-ai | 製品情報 | PILOT
気軽に使えて、インキ色が見えるショートサイズの万年筆

 

 万年筆と一緒に買ったコンバータもついたままです。

 コンバーターは、今は絶版になったCON-50。

 

 コンバータについて知りたい方はこちらをどうぞ。

コンバーター(万年筆用インキ吸入器) | 製品情報 | PILOT
コンバーターは、インキ瓶から万年筆にインキを吸入するためのインキ吸入器です。

 

 この万年筆を買ったのは随分と前のことです。

 8年くらい前かな?

 欲しくて欲しくて我慢できなくて、離れた文具店まで車で30分くらい走ってやっと買ったものです。

 久しぶりに使う為、ちょっとインクの吸い込みに手間取りましたが、問題なく書くことができました。

 さすがは万年筆といったところでしょうか。

 

書き心地

 紙に書いた感じは、インクの量が多く鉄ペンでもするするっとした書き心地です。

 太さはMだった気がします。

 ちょっと太めですが、楽しいのはこの太さで間違いありません。

 

 とは言え、実際に使うには細い線で書きたいときもあると思います。

 そういう場合は、Fというペン種があります。

 細字です。

 また、これは余談ですが、CMというカリグラフィー用のペン種もあるようです。

 

 

筆記

 

 これからの仕事が、少しだけ楽しくなりそうです。

 

このブログを描いているおじさん

イラストとゲームを趣味にするおじさん。
元漫画家アシスタント&元ネットワークエンジニア。
どうにかしてイラスト描いてゲームする生活を夢見て勉強中。

井神 智志をフォローする
雑記
井神おじさんの手帳