音の錯覚用MIDIファイルの作り方

 

 どーも、井神です。

 youtubeを見ていたら面白い動画を発見しました。

 歌をMIDIに変換して再生すると、本来は入っていない声が聞こえるような気がするというもの。

 音の錯覚と言うようです。

 ここで言うMIDIは楽器の接続じゃなく、そのケーブルの中を流れるMIDI形式のデータです。

 ということで、さっそく僕もやってみました。

 

やり方

 やり方をまとめておきます。

 やりたい人がいて、そのお手伝いができますように。

 

録音

 まずは元データ。

 後述するMIDIに変換するサイトで使える形式はWAV、MP3、OGG、AAC、WMAのどれかにしてください。

 音声だけの録音アプリを持っていなかったのでOBSという録画用アプリで録音。

 録画したファイルをAVIUtlで読み込み、WAV出力しました。

 これでWAV形式のファイルが用意できました。

 最初からMP3などのファイルだったら、そのままでOKです。

 

 

MIDIに変換

 録音したファイルを以下のサイトでMIDIに変換します。

 WAV、MP3、OGG、AAC、WMAのどれかであればMIDIに変換できます。

 

 Uploadアップロードをタップして変換したいファイルを選択。

 アップロードしたファイルのリストがでる。

 その下convertコンバートボタンを押して変換。

 出来上がったファイルの横、Downloadダウンロードを押してダウンロード。

 

 Bear File Converter – Online & Free

Convert WAV ( or MP3, OGG, AAC, WMA) to MIDI | Bear File Converter - Online & Free

 

 これで音の錯覚用MIDIファイルの完成です!

 

再生

 MIDIは普通の音楽アプリだと再生できないことが多く、僕もできませんでした。

 そこで見つけたのがこちらのアプリ。

 Windows10パソコン用です。

 

 Cakewalkの無料のDAWアプリ【BandLab】

BandLab: Music Starts Here
The cloud platform where musicians and fans create music, collaborate and engage with each other across the globe.

 

 

 このアプリをMIDI再生だけに使うならちょっとオーバースペックです。

 MIDIを再生するアプリをMIDIシーケンサーと言います。

 スマホ用のMIDIシーケンサーは、すいませんが探してみてください。

 

まとめ

 ざっくりとした内容ですが、だいたい分かると思います。

 もし、やりかたがわからなかったら、Twitterで質問ください。

 僕の結果は……動画を見てくださいw

 

【音の錯覚】奥の細道を朗読してMIDIにしてみた【奥の細道】

【音の錯覚】奥の細道を朗読してMIDIにしてみた【奥の細道】

 

 以上、井神でした!